私には、初恋の人がいました。彼は中学生の時の同級生でした。 私は片想いで毎日彼のことを目で追っている毎日でした。 絶対に両想いになんてなれないと決めこんでいました。 それは、私がメガネをかけていることにコンプレックスを感じていたからでした。 彼は、背が高くて優しい話し方をする人でした。 時々会話をしましたが、ドキドキして会話になりませんでした。 卒業する時に、私は彼に自分の気持ちを書きためたノートを渡しました。 その後、高校生になり彼から手紙がきました。私たちは文通を始めました。 彼からの手紙が毎週家のポストに来るのが楽しみでした。 私たちは、デートをするようになりました。 彼と一緒に手をつないで歩いたり、雨の日はひとつの傘で歩いたりしました。 彼とは1年半で離れてしまいました。 彼の両親が転勤をしたからです。 22歳の時に中学の同窓会で彼と再会しました。彼は遠距離でもいいから付き合いたいと 言ってきました。 私は毎週土曜に彼が上京してくれるのが楽しみになりました。 それから5年間遠距離恋愛は続きましたが、私の父が病気になり会えない日が続きました。 彼は私から離れて行きました。でも今でも忘れられない人です。