子供の頃は誕生日はとっても楽しみなものでしたよね。寝るときブラ

お母さんの作ってくれるとっておきのごちそう。ミスパリ ダイエット

それじゃなかったらたまにしか行かないレストランで何頼んでもいいよ、とか。草花木果 ニキビ

自分の名前の書いてあるプレートののった大きなケーキも誕生日だけ。アテニア 口コミ

もちろんプレゼントも。

ちょっとしたわがままも許されたりして。

ところがある程度年を取ると誕生日なんてどうでも良くなります。

忙しくてそんなこと忘れていることもありますし、むしろ忘れたいくらい。

そう、誕生日は確実に年取ったことを嫌でも認識しなければならない日だから。

現実を突きつけられるわけです。

気分だけはもっと若いつもりでいるのにね。

とは言っても誰かに祝ってもらえるならうれしくないこともないですね。

食事とかケーキとかプレゼントとか、いくつになってもうれしいものです。

記憶から消したいような消したくないような。

忘れて欲しいような忘れて欲しくないような。

そんな複雑な気分になるのがアラフォーの誕生日です。